お仕事中のパパを見るのが大好き!鉄板焼きを食べてミッキーにも会って来ました!

image

お世話になった先輩が日本に帰国されるということで、その前にランチへ一緒に行かせてもらいました。場所は私も以前働いていたことのあるパパの職場、ウォルトディズニーワールドにあるテーマパークの一つ、Epcotの中のレストラン【鉄板江戸】です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

いざ、日本館へ!

Epcotにはワールドショーケースと呼ばれる、世界11カ国をモチーフにしたパビリオンが建てられているエリアがあります。その中に日本があり、鉄板江戸というレストランがあります!パパはそこで鉄板焼きのシェフとして働いています。

さえはパパの働いている姿を見るのが大好きで、産まれてからもう何度か食べに来ているのですが、どんどん楽しめるようになって来ているのでパパも嬉しそうです☆今はYoutubeにアップしてあるパパの仕事姿を毎日見ています(*´ω`)

Epcotはディズニーリゾートの中でも広い面積を誇るのですが、日本館は特にメインエントランスから見て一番奥に位置しているので、レストランに辿り着くまで一苦労です(汗)。特に夏場はフロリダの日差しが暑い、熱い、いやむしろ痛い…ので、毎日来てくれるゲストの皆様、本当にご苦労様ですって思います!!

パパシェフの登場、美味しいランチ♪

そしてやっと辿り着いたレストランで、さえは早速パパを発見!!

「あー!!ママ見てー!!パパだーーー!!!」

と連呼しております。うんうん、嬉しいよね、でもパパ仕事中だよ声大きすぎる…(^^;) ゲストの前でクックするスタイルなので、ダイニングでパパの姿を確認する事が出来ます。大きなさえの声に気付いたみたいで、パパもこっちを向いて手を振ってくれていました。

パパが担当していたテーブルのゲストの皆さんも、とても優しく歓迎してくださいました!アメリカの人達って、子供にとーーっても優しいのです。なのでこういう場面で嫌な顔された事は一度もありません!!子供好きの方も多いので、逆にとっても喜んでくださって写真を撮られることも(笑)。アメリカのこういうオープンマインドな所はとっても好きです☆

ダイニングがあまり混んでいなかったこともあり、シェフのリクエストをさせて貰いまして、私たちのテーブルもパパに焼いてもらいました♪

注文して待っている間、サーバーさんがさえと一緒にたくさん遊んでくれました♪
さえが手にしているのは恐竜の折り紙さんです、開くと口がパクパクします!
ご満悦のさえ嬢(*´ω`)

image

アペタイザー(前菜)に頼んだのは天ぷらです。
エビ・チキン・ズッキーニ・スイートポテト(サツマイモとはまた別モノです)の4品。
アメリカらしいラインナップですが、どれもとっても美味しいです♪

image

ちなみに写真に写っている私の飲み物は、一見アイスティーですが、半分レモネードが入っています。「アーノルドパーマー」とオーダーすれば、このアイスティーとレモネードの半分ずつのドリンクが出てきます! あの有名なゴルファーでもあるアーノルド・パーマー氏が半分ずつ入れて飲んでいたのが有名になって、その名前が付いたらしいです。

*多分アメリカ中どこでもそれで通じると思いますが、もし通じなかった場合は素直に「アイスティー&レモネード、ハーフ&ハーフ プリーズ」と言ってください(^^;)

ここでパパシェフ登場です!

IMG_3355

さえもパパもとっても嬉しそうですw

クッキングショータイムのスタートです☆
まずはパパの得意技(?)、「Disney」をオイルで書きます!

image

見た目はいかついけど、心は私より清らかでピュアなのです(^^;)
なので、ディズニー文字でアルファベット全部書けちゃいます、すごい!

さえのリクエストで、オニオンでオラフを作ってくれました♪

image


皆で別のものを頼んでオールシェアにしたので、色んな種類を食べることが出来ました!エビ・ホタテ・フィレミニオン、どれも美味しかったです!

image

お腹がいーーっぱいになったのに、ちゃっかりとデザートもオーダーしました(^^;)
抹茶とバニラのアイスです、濃厚で美味しかったです☆

image

このあと大満足でレストランを後にしたのですが、とってもラッキーなことにパパが早上がりさせて貰えることになって、パークで合流しました!もうちょっと長くなりそうなので、続きは次の記事に書きたいと思います。

ここまで読んでくださったそこのあなた、ありがとうございました!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>