Disney Cruise Line【Magic】でバハマクルーズに行ってきました!2014年クルーズ旅の思い出①

o0800053212838615095

もうすでに何個か参加してきたクリスマスのイベントについて書く前に、昨年行ったDisney Cruiseの記事をアップして行きたいと思います!これからクリスマスの事をたくさん綴ると思うので、その前の区切り(何の?w)というか、以前書いていたブログからの移行と整理ということで。

去年(2014年)の1月の終わりに乗船した時の話です。さえもまだ1歳4カ月と小さいので、小さい子連れ目線での旅の記録となっています☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

念願のDisney Cruiseへ!Magic号に乗船!

ずっとずっとDisney Cruiseに乗りたいと言っていた私の願いをパパが叶えてくれ(隣でずっとグチグチ言われるのがもう限界だった模様ですがw)、2014年1月末に家族3人で念願のクルーズ旅行に行ってきました!

行先はDisney Cruiseで一番短期で行けて人気のコース、3泊4日のバハマクルーズです☆

o0800053212838615093

今回はDisney Cruiseの中でも一番の古株、【Magic】への乗船となりました!はい、めっちゃ天気悪くて、イマイチテンションの上がらない出だしでした笑

普段はヨーロッパを回る事が多いこの船、バハマの旅は2年ぶり位の事だったらしいです。ちょうど冬から春にかけてポートカナベラルにいて、そのあとはまたヨーロッパに戻ったそうです。(ああ、いつかヨーロッパクルーズにも乗船してみたい…!)

午前中に家を出発し、1時間ほどのドライブでポートカナベラルへ到着して、隣接の屋内の駐車場へ。日本からお越しの方は空港からクルーズ専用のシャトルが出ているのでそれでこちらへ向かいます。

*ディズニーホテルからでもシャトルの予約は出来るそうですが、他のホテルを回りながら向かうので時間がとても掛かるそうです。その場合は空港に一度行った方がスムーズに乗船できるという噂。一度ご確認を!

ここで車を降りる前にまず大きいトランクなどを預け入れ出来ます。その荷物はあとで15時位までに部屋の前に運んでくれます、ありがたいシステムです♪ 飛行機と同じで貴重品などすぐ必要なものは手荷物で持ち込みましょう☆

早速ミニーちゃんが登場♪

その後、自分達も手荷物チェックをパスすると、クルーズの乗船待ちの広場に出ます。そこで早速ミッキーとミニーがお出迎えしてくれます♪

o0800053212838615094

ミッキーとミニーさん交代で立ってるのでどっちに当たるかは並んでのお楽しみ!(並んでる途中でチェンジとかあるので。)

o0800053212838615095

クルーズコスチュームのミニーちゃんとパシャリ☆船に乗る前から嬉しいキャラグリです。写真を撮ったりするのと同時に、ここでチェックインもしなければなりません。カウンターが並んでいるので、そこで必要書類やパスポートのチェックなどをされます。(バハマに行くので海外旅行の扱いになります、なのでパスポート必須です。)

飛行機と同様に乗り込んでいいグループの番号が次々と呼ばれ、自分たちの番が来れば晴れて乗船です♪

o0800053212838615096

きゃーーついに!待ちにまった乗船です♪♪(外は雨模様だけどそんなの関係ない!!w)

o0800053212838791594
そして船の入口まで来ると、一組ずつファミリーネームをマイクで呼んで出迎えてくれました!照れるけど嬉しいです( *´艸`)

さあ、ついに乗り込みました!この時点で確か12時過ぎ位だったかな?16時の出港、そして13時半のお部屋開放までもまだ時間がある。

ということで、早速お昼ご飯を食べにレッツゴー!!(*´ω`*)

クルーズは夜のレストラン含め船の中のものが全て旅費に含まれてるので(アルコール等のspecial drinkとチップを除く)、もう食べ過ぎ注意!注意!注意ーー!!!という感じですw

でも、せっかく同じ旅費なので、1日目のランチから堪能したいですよねー!なので、船には出来るだけ早く乗船できるようにプランすることをおすすめします!

o0800053212838791261私たちが向かったレストランは、朝とお昼(夜も?)にバフェ(本当の発音はビュッフェですが、アメリカの発音でこっちの人はバフェと言います。私もその表記で参ります)が食べれるようになってます。

食いしん坊のさえもここぞとばかりに食べておりますw

o0800059812838791262

アメリカの子供に定番のmac&cheese(マカロニ&チーズ)やlow fat milk(低脂肪乳)やバナナなどのフルーツも、とりあえず必要最低限の子供の食糧はいつでも手に入る状況でした☆

たっぷり食べた所で、13時半になりお部屋に入れる時間になったので行ってみることにしました。

o0717096012838791595

これはうちの部屋ではないですが、リピーターさん達はこんな風にお部屋のドアを自分達流にデコしてました♪こういう同じようなドアの部屋が本当にたくさん並んでいるので、きっと子供達の目印にもなるんだと思います!

他にもメッセージボードを付けている部屋もたくさんありました。ペンで家族に行先の伝言を残してたり、次のスケジュールを書いてたりさまざま。旅の途中「Mickey was here!」とミッキーが伝言を残してくれてあるボードとかもあって(ちゃんとミッキーの書体で書いてありました☆)、そんな楽しみ方もあるのだな~と学びました☆次の旅ではぜひ我が家もデコレーションしたいなぁと思いました(^^♪

部屋に入ってしばらくしてさえのお昼寝タイムになったので、パパママも一緒にみんなで早速お昼寝しちゃいました(;´∀`) なんせ雨だったもんでね、船の中を探検する意欲が湧かなかったのです。(今思えばなんて贅沢な奴だ…)

しばらく横になっていると、セーフティードリル(避難訓練)参加へのアナウンスが流れました。これは全員絶対参加のものなので、必ず出席しなければなりません。IDで点呼も取られます。

といっても全然難しい感じのではなくて、デッキに出て救命胴衣の着方など簡単に説明を受けるだけです。しかも子連れだと、「もう行っていいよ」と言って先に解放してくれました☆

さえはまだ平気だったけど、じっとできずに暴れてる子もちらほらいたので、子連れへの配慮がありがたいな~って思いました!

そしてこの後、本来なら船の上のプールデッキで行われる出港セレモニーが、残念ながら雨だったので屋内に変更になりました( ;∀;)ざ、残念過ぎる~~(涙)!

まあでも、屋内でもそれはそれで盛り上がりました!ダンサーさん達が盛りに盛り上げたあと、満を持してミッキー達の登場です♪

o0800053212838791263

皆でカウントダウンをして、出港の瞬間にテープが舞いました♪

o0800053212838791264

すごい熱気でさえも大興奮で踊ってました♪

ついに出港!クルーズの始まりです♪

さてさて、ついに船が動きだして、部屋から景色を眺めました。今回のお部屋は窓付き。グレード的にはごく平凡なお部屋です。他に窓のないお部屋もあるし、バルコニーのあるお部屋もあります。値段によって様々。

バルコニーは子連れには危ないかも?と聞いて、そしてまあお値段もするので、今回は窓付きのお部屋に落ち着いたわけですが、まぁやっぱり狭いです。船の中の限られたスペースですからね、こんなものなんでしょうけどね。パパ的には、窓がないと船の揺れ具合が分からなくて船酔いしやすいので、窓がある方がいいんだそうです。そう言われればそうかな?

o0800053212838791592

窓の外の景色を眺めるさえ嬢☆お船さん動いてるんだよ~分かってるかな?(*´з`)

o0800053212838791593

外に見えるレストランの人達がたくさん手を振ってくれてます☆クルーズ船の港でもミッキーの手をつけたキャストさん達が人知れず手を振ってくれて、なんか自分の気づかない所でそういう心遣いを見せられると弱い、見つけるとすぐ感動しちゃいます!東京ディズニーのモノレールなんかでも外で手を振ってくれているキャストさん見つけるとジーンとしてました(笑)。

さて、そうこうしてるうちにもうディナーの時間です!ビックリ!!ディナーは自分達で早めの時間(1巡目)か遅めの時間(2巡目)か事前に選べるんですが、一回選ぶともうずっとその時間に設定されます。私達はさえが眠くならないように1巡目を選んだので、毎日17時45分シーティングでした。

夜のレストランは自分達で決める事は出来なくて、3つのレストランの中から1つを毎晩指定されます。3泊なので一回ずつ回ることになります。(他に別途予約&料金を払う大人限定のレストランなどもあります)

この日指定されたレストランは【LUMIERE’S】。

o0480035912838792408

美女と野獣がモチーフのフレンチレストランです☆ルミエールは、あの黄色いロウソクのおじさんの名前です(^^♪

o0800053212838791810

内装はこんな感じです。ライトが赤いバラになってて素敵でした♥

o0480035912838792419
席に着くと、さえの名前入りのお水が用意されてました♥

紙とクレヨンもバッチリ用意してくれていて、そして何より、通常はコミューナル(相席)の事も多いんですが、さえが心おきなく暴れられるよう(いや、他のゲストが迷惑しないよう?笑)私達のテーブルは独立して設けてくれていました。

o0800053212838791811

同じテーブルに違うゲストがいたら、私達ももっと気を張らなければいけなかったと思うけれど、この有難い配慮のおかげでとっても気楽に楽しく食事する事が出来ました!!

料理の写真は全部は撮れてないからテキトーになりますが…

o0480035912838792424オニオンスープ☆

o0480035912838792412シュリンプとロブスターの前菜☆

メニューも前菜やスープ、アントレにデザートと何種類かずつあって、どれを何個頼んでもいいという感じです。パパはアントレ2個食べたりたっぷり堪能していましたが、私はバフェで食べ過ぎていつも前菜はちょっとだけって感じでした(悔しい…)。

ディナーの開始時間が早いので、ランチの時間と食べる分量を考えるのが難しいです(;’∀’)そして肝心のさえの夕食は、Mac&cheeseやバーガー系など定番のキッズメニューから、チキンブレストのグリルやミートローフなど日替わりのものも何種類かありました☆

きっともっと色々お願いすれば代替えやアレンジも可能かと思いますが、うちは食いしん坊でなんでも食べる方なので、色々食べやすそうなのをオーダーしました。

この日はミートローフ。

o0800053212838791812こちらが私達のメインサーバーさんです☆さえの料理を食べやすいようにカットしてくれてる所です、ありがたいです本当に。このメインサーバーさんとアシスタントサーバーさんは、最後の日のレストランまで私達をサーブしてくれます。なので、さえをあやしてくれる感じも親しみが増えていって、さえも同じ人で安心するので嬉しかったです☆

メインの写真はなくていきなりデザート。

o0480035912838792399
もちろん文句なしに美味しかったです♥

o0800053212838791859

食事を終え、さえが汚しに汚したテーブルクロス、申し訳ないなぁ~って思ってたんですが、アシスタントサーバーさんがいきなりクレヨンでクイズ出してきてくれて。クレヨンを1つ動かしてトライアングルを4つにしてください。という問題、分かりますか?(笑)

これが意外に盛り上がって、もう一問出してくれたんですけど、次はもうクレヨンで直接クロスに落書きとかしちゃってびっくり!私は密かに、「このクロスは汚しても大丈夫なんだよっ」て事を遠まわしに言ってくれたんじゃないかと思いました!(深読みし過ぎかな?笑)

でも、そう思ってます、本当にありがたかったです!食事終わって下を見たらさえ嬢、まあ見事に食べ物落としまくっていて(+o+)

汚くしてごめんなさいって謝ったんですけど、笑顔で「全然問題ないよっ!」て言ってくれて、いや~これを自分で掃除しないでいいだけでも、さえに子供料金を払う意味はあるなってしみじみ思いました。(クルーズは生後半年~17歳まで一律の子供料金を取られます)

さてさて、ディナーで更にお腹いっぱいになった後は、ショーを鑑賞しに。その前にショップを覗いたら、プログラム時代の一期先輩の日本人キャストクルーさんに遭遇しました!全然部署も違うのでほとんどお話した事はなかったのですが、ファーストネームが同じという事で顔見知りだったのです☆

お声掛けしてくれて、色々お話させて貰いました。そこで色々とクルーズの情報も教えてくださって、そのショップがシアターの前にあるという事もあり、毎晩立ち寄ってはお話するのが楽しかったです☆

クルーズ船には何名か日本人のキャストも乗船しているので、もし万が一言葉が通じず困った状況になられた時は、日本人クルーの方に通訳をお願いすることも出来るかも知れません。

さて、時間が迫ってきたのでシアターに移動し、1日目の夜は【Twice Enchanted】というショーを堪能しました。

o0640042512838915418

シンデレラのお話の番外編って感じの内容でした。これは乗る船によって演目が変わるらしいので、乗船する船が決まったらリストを要チェックです!

ショーのあとはぐるっとプールデッキをお散歩に出かけました。

o0800059812838919320Magicは一番古い船なんですが、2013年に大規模リフォームされたばかりなのでとってもキレイでした!以前はなかったウォータースライダーも新たに出来たみたいで、後日トライしてみたのですが、その詳細はまた別の記事で…(汗)

これにて1日目が終了です!食べてばかりの1日だったような(笑)。2日目以降は次の記事に続きます!ここまで読んでくださり、ありがとうございました!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

コメント

  1. せんももあいのパパ より:

    実は動画より活字読むほうが好きなので、すごく丁寧で詳しくて読みやすくて、本当にありがたいです。クルーズ船に乗るイメージが湧いてきました!
    あとさえちゃんが今より幼くてかわいいです。腕ムチムチしてますね(^^)

    ひとつ質問です。3泊4日の間、洗濯はどうしてたんでしょうか。普通のホテルみたいにコインランドリーがあるのでしょうか?

    • さえママ より:

      せんももあいちゃんのパパさん、コメントありがとうございます!読んでいただけて光栄です!!(パパさんに読んでいただけたらなぁという思いでアップしたので嬉しいです☆)クルーズ下船直後に書いたブログからの転載なので、自分で読んでそうだったなぁと思い出す部分が多々あります(^-^; さえの腕ムチムチでしたね~この頃がとっても懐かしいです♪

      コインランドリーですが、私たちは使用しませんでしたがMagicには全部で3箇所ランドリールームがあるそうですよ☆ MagicとWonderは小さめの船で、DreamとFantasyは大きめと、乗る船によって規模が違うのですが、小さめの船で3箇所、大きい方は7箇所ランドリールームがあって、それぞれ頼めばクリーニングのフルサービスもあるそうです☆
      私たちはほぼ水着のような格好で過ごしていたので、そこまで洗濯物が出なかったのかも知れません。水着だけは手洗いして毎晩バスルームに干していました。バスタブの上にワイヤーが掛かっていて洗濯物を干せるようになっていました☆

      • せんももあいのパパ より:

        返信ありがとうございます!
        やっぱりコインランドリーがあるんですね。いつも着替えは2〜3日分しか持って行かないので、ホテルに着いたらまず最初にコインランドリーの位置を確認してます。水着で過ごすというのはいいアイデアですね。今度我が家も水着作戦の導入検討したいと思います!

        それとたびたびすみませんが、もうひとつ質問させてください。
        船内に電子レンジはありましたか?あと部屋にコーヒーメーカー(マグカップ2つ分のお湯を沸かせるやつ)はあったでしょうか?
        我が家はいつも電子レンジでサトウのごはんを温めたり、コーヒーメーカーのお湯で小さいカップ麺を作って子供たちに食べさせているんです。

        • さえママ より:

          ありがとうございます☆質問大歓迎です♪ いつもお洗濯されるんですね、それはランドリールーム必須ですね!多分船のランドリーはコイン必要ないと思います。フルサービスのクリーニングも無料らしいので!(その場合チップは要りますが)。我が家はいつも服を多めに持っていって荷物も多く、結局着ない服がほとんどなので、見習いたいと思いました(*´Д`)

          電子レンジは安全上の理由(fire hazardと書いてあったので、火が出たら危ないということの様です)で、ゲストエリアには置いていないみたいです。でも、レストランには絶対にあるので、レストランの人に「Could you make this warm for 2 minutes?」と言って渡したらきっと温めてくれます☆ 部屋にコーヒーメ―カーもないのですが(グレードの高いお部屋だとあるのかも知れませんが)、Magicではプールデッキのある階にドリンクスペースがあって、ソフトドリンク類やコーヒー紅茶など好きなドリンクを好きな時に入れることが出来るようになっていて、そこで熱湯もゲットすることが出来ます。もしそこのお湯がラーメンを作るにはぬるいと感じた場合は、キャストの人に「boiled water please」と言えば貰えます☆ 部屋自体(私たちが泊まったスタンダートタイプ)は本当に寝るだけという感じですが一応ドリンクが何個か入る小さい冷蔵庫だけはありました(;’∀’)

  2. せんももあいのパパ より:

    着替えが少ないと効率は良いのですが、ほぼ毎日洗濯しないといけないので、たっぷり遊んで疲れて帰ってきたけど、寝る前に洗濯しないといけない、というのがちょっとシンドイです(^^;

    電子レンジとコーヒーメーカーの件、よくわかりました。やはり海の上の船と陸の上のホテルではいろいろ事情が違うのですね。超実用的な英会話の例文まで、ありがとうございます!!m(_ _)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>